読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティーブ・ジョブズは何が偉大だったのか

結局は「技術的に優れているかどうかよりも、安価で利益率の高い製品を作ること」が重要であるというドクトリンに基いてそれを成功させたということが偉大なんじゃないかと。

恐らくNeXT時代に技術的に優れていて高価で美しい製品を出したけど成功しなかったことの反省から、Appleへの復帰後に普及価格帯で製品を出す事に拘りがあったのだと思う。技術的オリジナリティという点では必要に応じてあっさり捨て(Intel CPUの利用とか)、安価で(iMacなど)、利益率の高い(ラインナップの厳選、Apple Store、iPhoneでのキャリアとの契約)事業に集中したのが良かったのだろう。

狂乱が終わった今にして思えば、初期のiMacは酷い物だったよね。値段は安かったけどモニタの品質は低いしマウスは使いにくいし。あれは当時に醸成されていた空気が無ければそれほど売れなかった物ではないと思う。その当時から空気を作るのが上手かったのだろう。

次のiPhoneでは2モデルになって廉価モデルが出るらしいというのは、わりとジョブズの路線を踏襲しているのではないかと思った。

現在の後知恵を全て知った上で、同じような経営ができるかと言われたらもちろん無理だけど