読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android Wearを使って1年ちょっと経過して

2014年の7月ごろに購入したようなので、ほぼ1年が経過していた。この1年はほぼ毎日着けていたのでその感想など

更新されるOS

無法地帯のAndroid端末とは異なり、今のところAndroid WearはOSの更新がGoogle主導でコントロールされている。このため、最初期モデルであるLG G Watchについても、最新のOSが随時降ってくる。ありがたいことである。

差分は地味な変更が多いが、細々とした変更が蓄積してきてかなり良いものになってきている印象。最初はアプリのランチャーすらなかったのだ。

画面を常時点灯していたらバッテリーが持たないが、画面にタッチをしないと表示されないとなると時計として不便だ。あるときから腕の捻りのモーションを検出して画面を自動点灯する機能が入った。発想は分かるが、実際にはモーションの認識精度があまりよろしくなく結局、右手で触って起こしていた。最新のバージョンになってこの辺りの挙動がかわって、表示をモノクロにした上で画面が最低輝度で常時点灯するようになったようだ。表示デバイスは液晶なので、黒の表示にすると電池消費の面ではむしろ不利だと思うのだが、結局この方式に落ち着くのかもしれない。この状態でも24時間ほどはバッテリーがもつようだ

5.1から入った機能の一つに腕の捻りだけでカードのスクロールをするというものがある。素早く外へ捻り、ゆっくり内側に戻すと次のカードへ移るというもの。ゆっくり外側へ捻ってから素早く戻すと前のカードに戻る。画面をタッチするとどうしても両腕が塞がれるので、片手だけで操作出来るようにするという発想は理解できるが、個人的にはあまり実用的とは思わなかった。捻りの速さの高低という情報量の小さいもので操作するのが非常に迂遠だった。

Watch Face

最初は色々なWatch Faceをダウンロードしては試していたが、表示内容などの点で不満があったりデザインがイマイチだったりして、デフォルトのWatch Faceの一つを使い続けていた。あるときBehance Watch Facesという Watch Faceを試しところ、シンプルなデザインと写真家が撮った写真が日替わりで使われるコンセプトが気に入ったためこれを常用することにした。

Behance Watch Faces - Google Play の Android アプリ

通知受け取りデバイスとして

当初はGmailのクライアントしか対応しておらず、既読フラグを立てることすらできなかったがInboxのアプリがWear対応になり、Wear上での操作で内容の確認と既読フラグを立てられるようになって実用になった。

Androidの通知を受け取るだけなら、SonyのSmartBand Talkというデバイスもある。こちらは電子ペーパーを使っていることもあり、薄くて電池の寿命が長い。同僚が使っていたが、通知を受け取るだけならこちらの方が良さそうである。

ハードウェアの問題

今更LG G Watchを新規で買おうという酔狂な人はいないと思うが、このモデルは充電用の接点で問題を起こしがちなのが非常に不満。

発売直後に汗によって腐食するという問題があり、それはOSのアップデートで対応されたとしているが、夜に充電台に置いたが朝になってみると上手く充電できないという状態が何度も有った。接点を軽く濡らしたり黒鉛の粉を付けると充電できたので、恐らく接触抵抗が高すぎたのだろう。しきい値付近をフラフラしていたのか、断続的に充電されるようなことも有った。

時計は耐水性を求められるので、独自の非接触充電方式のApple WatchやQiによる非接触充電のMoto 360などが良いのではないかと思った。有線ならばほかと共用できるmicroUSBで充電できるのが便利だと思う。旅行などに持って行くき、充電台を荷物から減らせるため。

実用アプリ

通知を受けたいだけならPebbleや先のSmartBand Talkのようなデバイスがあるわけで、Wearならではのアプリケーションが欲しい。

唯一実用的だと思ったのは、Google Keepによるチェックリスト。買い物などのリストを作っておいて、チェックして行くというもの。リストを見るだけのためにスマートフォンを取り出す必要がないので便利。買い物リスト程度の情報量ならあの画面サイズでも十分に読めるし、チェックを入れるという操作も無理がない。先日の夏コミでは役に立った。

まだ実際に使う場面はないが、録音アプリがあったので入れておいた。やや隠し録音っぽいが、スマートフォンを取り出さずに録音できるのは有用な局面がありそう。

まとめ

発売から1年を経過して、Android Wearは買いであるかという問いに対する答えとしては「まだ微妙」と言わざるをえない。ただ、実売が2万円前後になってきているので、この価格ならばそろそろ買っても良いかもと思える。

これに対してApple Watchは一番下のモデルでも4万円ほどするので、現在の用途に対しては高過ぎると思う。